小麦を蒔きました

小麦を蒔きました。ここで小麦を育て始めて3回目の種まきです。

作業手順は(広さ約2a)

  1. 悪玉菌の殺菌として、先日作った納豆菌 5リットルを8倍にして散布
  2. アヅミン6kg・セルカ(カキガラ石灰)20kg・EMぼかし(味わいの里三日月で売っているもの)5キロ・米ぬか30リットルを散布
  3. うね巾60センチ・株間30センチ・一か所に約30粒ずつの点蒔き(合計900g)
  4. クリアターン(除草剤)散布

大豆の後なので、散布する肥料分は少なめです。雑草のギシギシやシロツメクサが生えていたので土壌のPHが若干低めとみて有機石灰を規定量入れてみました。来年3月と5月に生育状況を見て、窒素分として硫安を追肥する予定です。

 

今年は耕うんもせず、雑草をざっくりと草刈機で刈った後にそのまま蒔き溝を掘って蒔きました。播種の直後に除草剤を蒔きましたが、雑草にはびこられる予感満載です。生の米ぬかを撒いた直後に播種するのも良くないと聞くのですがEMボカシと一緒に撒いてみたらいいかな…と…さてどうなる事やら…とりあえず無事に発芽しますように…

 

去年と今年に収穫した小麦は、まだ粒の状態。粉にもなっていません。でも、毎年種まきは続けたい。種まきするという行事を毎年あたりまえに淡々と続けて行きたい。まず、種を蒔いて、育てて、刈り取って、干して、脱穀して…まではとりあえず生活の時計の中に入れることができるようになりました。あとは、粉にして、パンにする…の2工程だけです。本業のぶどうの作業の合間を縫って、カメの歩みよりものろのろとしていますが、一歩一歩…いや…1ミリ1ミリでも前に進んでいきたい。

 

同時進行で、庭のヤマブドウを干しブドウにするのを実験しています。うまくいったら、ヤマブドウの干しブドウで天然酵母をおこして、自家製小麦で天然酵母パン…よいわぁ~

 

冬のトマト

トマトが発芽しました。「え…?今…?」…そうなんです。今なんです。冬にトマトができたらなぁ~などと思っていました。同じことを考える方々がいらっしゃるらしく、日照時間が短くても、低温でも実が生る品種が開発されています。

 

下の写真は日中。ビニール袋に入れて外に出しています。夕方になったら家に入れます。

 

栽培は多分プロの方々にしか難しいのだとは思いつつ、思わずやってみたくなる…で、撒いてみました。…で芽が出ました!…で?…さてどうなる事やら…

 

ちなみに品種は「CF桃太郎はるか」(タキイ種苗)です。

秋の夏野菜

今年の秋はいつまでも暖かい日が続いています。まだキュウリやミニトマトが少しずつとれています。今日あたりから少しずつ寒くなってくるそうで、これももうそろそろ終わりでしょうか。

 

いつまでも暖かいのはありがたいですが、やっぱり春夏秋冬それぞれの季節らしい気候がいいですね。名残惜しいですが、庭の夏野菜とはしばらくお別れ…かな?

大豆とゴマを干してます

先日作った物干し場。収穫した大豆とゴマを干しています。大豆は「鞍掛ひたし豆」と佐用の地大豆「もちだいず」。ゴマは「金ごま」です。

 

大豆もゴマも乾燥すると、鞘が開いて大豆やゴマが下に落ちます。下に落ちないように、畑で使うナイロンの寒冷紗を袋状にして、台の上に渡して、その中で乾燥させています。

 

今までは、トマトの支柱やぶどうの棚などにビニールをかけて干していました。風が吹いたり雨が強く降ったりするとそのたびに飛ばされたり濡れたりしないか心配で…。でも、ようやく安心して干せる場所ができて、なんだか嬉しくてたまりません。

 

穀類は乾燥させた後の脱穀や選別に手間がかかりますが、でも何故か、お野菜を収穫するのとはまた違った特別な嬉しさがあります。

きなこの簡単スイーツ3種

きのうつくったきなこ。せっかくなのでいろいろアレンジしてみました。

 

< きなこドリンク >

きなこ(大さじ2)・砂糖(大さじ1)・牛乳(100cc)を混ぜて(分量はお好みで…)温めても美味しいです。

 

< きなこミルクプリン >

  1. 砂糖(30グラム)とアガー(5グラム)をよく混ぜる
  2. 牛乳(350cc)を鍋に入れ、そこに1をだまにならないように少しずつ混ぜながら溶かす
  3. 2にきなこ(大さじ6)を入れる
  4. 3を火にかけて鍋肌にふつふつと気泡が立つくらいまで温める(沸騰しすぎに注意)
  5. 器に入れて冷蔵庫で冷やす

< きなこのつぶつぶチュイール風(残った芯の部分を使って…) >

  1. 皿の上にオーブンシートを広げておく
  2. 昨日のブログで、きなこを作った最後に残った芯の部分をフライパンで軽く炒る
  3. 2を1とは別の皿にあけ、フライパンを洗う
  4. フライパンの水けを拭いてから、きなこと同量程度の砂糖を冷たいフライパンに入れ、火にかける。
  5. 混ぜないでしばらく置くと砂糖が溶けて飴状になるので、少し飴色になるのを待ってから2を入れてからめ、1で用意しておいたオーブンシートの上に広げる(やけどに注意)
  6. 5が柔らかいうちに上からもう一枚オーブンシートをかぶせてシートの上から生地を薄く伸ばし広げて冷ます

きなこの甘さが優しいスイーツになりました。大豆ってよいですね~。分量はお好みで調節してください。うちはプリンはとろとろなほどに柔らかいのが好きなので牛乳を350ccにしました。固めが好きな方は250ccほどでも大丈夫です。

きなこの作り方

今年の大豆ももうすぐできますが、去年の大豆もまだあります。自家製大豆で納豆つくるんだ~…とか…豆腐作るんだ~…などどいっていたわりに、情けないことに、忙しさに紛れてなかなかこなせていません。お陰で去年の大豆がたっぷり余っています。

 

今日は久しぶりの雨。きなこを作りました。以前、乾燥したままの大豆を洗ってすぐに炒ってみましたが、うまくできませんでした。今年のぶどうの季節にお客さんに、「大豆を炒る前にしっかり吸水させてからいるんですよ。」と教えて頂いたので、今回はそれでやってみました。

 

  1. 大豆を水に浸す(割ってみて中に空洞がなくなるくらいまで。時々水を替えて)
  2. フライパンで炒る
  3. ざるに広げて冷ます
  4. ミルなど、固い豆がこなせる機械で粉にする
  5. ふるいでふるう
  6. 3→4をくりかえして適当なところであきらめる…

今回はフライパンで弱火で30分ほど炒りましたがなかなかからっとはいきませんでした。最後は強火で適当なところであきらめました…

 

途中でそこそこ作業を放棄したわりに、結構おいしくできあがりました。最後に少しだけ芯が残ります。これが全部粉になったらいいのですが…炒り方に問題ありとみていますが、まあ、いっかぁ~

物干し場

大豆や小麦などを作っていると、どうしても雨のあたらない乾燥場が必要になってきます。今日はありあわせの資材を寄せ集めて専用の干し台をつくりました。

 

それぞれの段に鉄の棒を二本平行に渡して、横に寝かして干しても、棒から釣り下げても干せるようにしてあります。小麦には少し足りないかもしれませんが、もし足らなかったらその時に調整します。

 

農作業には一般的なマニュアルがありますが、いろんなこまごまとした事は自分で考えて作っていく必要があります。身の回りを見渡して使えるものを探しながら、あ~でもないこ~でもない…と毎年試行錯誤しながら、自分の手に合うように調整していきます。でも、これが案外楽しい。

 

広い干場ができると、あれも干せるな~これも干せるな~とやりたいことがどんどん広がっていきます。田舎暮らしに広い干場…必須です。

夏野菜と秋冬野菜の交差点

昨日の収穫です。夏野菜のミニトマトとツルムラサキがまだ収穫できます。ピーマンもまだ小さいですが、お弁当用に収穫しました。

 

秋冬野菜の大根は、種まき後一時虫に食われまくっていましたが、ようやくもち直しました。今の時期のミニトマトは意外と美味しい。真夏よりも若干皮が薄くなって裂果もほとんどありません。

 

ここに来る前に、自宅のすぐ裏に野菜畑がある夢を見たことがあります。夢から覚めてとても残念な気持ちになりました。でも、今は夢が現実になっています。今日は朝食でトマトとチーズのサラダ。お弁当に大根葉の佃煮・野菜炒めのいろどりにピーマン。夕食で自家製なめこの大根おろしあえ・ツルムラサキのお味噌汁…最高です。

縁側の育苗ミニ温室

毎年、暖かい縁側を利用して種まきできないかな~と試行錯誤しています。今年は、市販の簡易ビニールハウスを使ってみました。

 

一番下から保温シート → 段ボール → 大きめのビニール を敷いた上に簡易ビニールハウスを置きます。大きめのビニールは簡易ハウスの下半分を下からくるみました。

 

簡易ハウスの真ん中の段の棚網を別のビニール袋(150リットル)に入れて、その上に苗箱を置きます。日中暑くなりそうな時は袋の上の部分を開けて、夕方閉めます。夜間はさらに簡易ハウス全体を手近なビニールや段ボールなどで覆い、一番外を保温シートでくるみました。

 

更に気温が低くなってきたら、簡易ハウスの下の段にお湯を入れた水用ポリ缶を入れて、湯たんぽ代わりにしようと思っています。

 

今日は日中暖かかったのでビニールを開けていても36度ありました。

 

さてさて、うまくいくかな?

お野菜の冬支度

駐車場のフェンスに育てていた「つるむらさき」と「きゅうり」。今晩から寒くなるというので、フェンスから外して麦わらマルチの上に地這いにし、穴あきのビニールマルチでトンネル掛けにしました。

 

ビニールの裾は土に埋めずに、支柱に使うイボ竹にパッカーで留めて、所々をブロックで重石をしています。

 

使いまわしのビニールなので少しぼろぼろ。でも、このボロボロ部分が意外と熱が上がりすぎるのを抑える…はず…?どぉ~かなぁ~…

 

とりあえず、もう少し頑張ってね~

きのこの季節

今年もキノコの季節がやってきました。写真は、なめこです。なめこの生え方がおもしろい。集団で「わぁ~~!」っと出てきます。一方、シイタケは単独あるいは少数行動派。きのこもいろいろですね~。

秋キュウリ

駐車場横のフェンス菜園。秋キュウリもまだまだ健在です。ここ数日の朝晩の冷え込みのせいか、少し葉っぱの元気がなくなってきましたが、キュウリの実を見る限りまっすぐで、まだまだいけるよ!って言っているようです。

 

秋キュウリは基本的には地這いで育てるそうですが、意外と支柱でも育ってくれています。いつまでならせてくれるかな?

おもちゃそうめんかぼちゃ

去年、庭におもちゃかぼちゃがたくさん生りました。今年、同じところから、似たような苗がにょきにょき…またおもちゃかぼちゃが生るのかな?と思っていたら、15センチほどの少し大きめのおもちゃかぼちゃがなりました。

 

試しに収穫して中を割ると、なんと、中はそうめんかぼちゃ。茹でてほぐしたらまったくそうめんかぼちゃになりました。「やったぁ~!」とひとくち口にして「!」「にがっ!!!」…とんでもなく苦かったです…残念!

 

そういえば、去年、おもちゃかぼちゃの隣にはそうめんかぼちゃ(金糸瓜)を育てていました。見事な交雑ぶりです。これで美味しかったらよかったのになぁ~

フェンスで菜園

写真は手前がツルムラサキで奥の方が秋キュウリです。玄関先の駐車場脇のフェンスです。すぐに見えるところにあるので、キュウリが巨大化する前に収穫することが出来ます。また、みそ汁の種がないなぁ~…とか、あと一品ほしいなぁ~…といった時に、すぐに取りに行けるところにツルムラサキがあると便利です。いわば生きている野菜室です。

 

ツルムラサキは霜が降りるまで元気に伸びます。葉っぱ類が少ない季節にとても重宝します。

 

パッションフルーツの実

9月27日のブログでご報告したパッションフルーツの実が膨らみ始めました。下から見ると、立派な髭をたくわえてパイプ煙草をくわえた、ヨーロッパの貴族のようにも見えます。

 

さてさて、ちゃんと熟すでしょうか…?

 

いも掘り

今日は庭で宝探しをしました…いえいえ…芋ほりをしました。

9月の下旬にぶどうを買いに来られたお客様が、もう芋ほりをされたと話されていました。「あんまり遅くなると大きくなりすぎて使い勝手が悪くなるからね。」…なるほど、そういえば毎年10月下旬に芋ほりをして、かなり巨大になってたなぁ~…というわけで、今年は早目の芋ほりです。

 

写真は安納芋です。食べ物の収穫はどんなものでも嬉しいものですが、芋ほりは特別な気がします。何もないように見える土の中から、突然現れるお宝。いくつになってもわくわくします。

 

掘っているときは嬉しくて次から次へと掘っていってしまって、ふと気が付くと、ひざが…腰が…腕が…。いくつになっても…とは言いつつ、体力の方はいくつになっても同じというわけにはいきませんね。

 

 

パッションフルーツの花芽がつきました

お店の入り口にもしゃもしゃと茂っているパッションフルーツに、ようやく花芽が付きました。枝ばかりが茂りすぎて、草ボケして花芽がつかないのかなぁと諦めていました。

 

パッションフルーツは「時計草」の一種で、時計のような形の花が咲きます。お店の玄関に時計草が咲き乱れたら、お客さんも喜ぶかなぁと思って育てたのですが、花が咲く頃には、ぶどうの販売も終わっているのかも…

 

ゴマの花が咲きました

ゴマの花が咲きました。店舗の駐車場の道路脇に植えてあります。少し遅めの種まきでしたが、元気にすくすく育っています。

 

ピンクの上品な可愛らしい花が大好きで、ゴマを収穫する目的以上に、花を楽しみたいがために育てているような気がします。茎が伸びあがるのに合わせて花芽が付き、徐々に下の方から咲いていくので、わりと長い期間花を楽しむことができます。

 

ゴマにもスズメガの幼虫がつきます。こちらは緑色のイモムシで、終齢幼虫に近づくにつれてびっくりするほど巨大になります。…が、これまた巨大になるまでなかなか見つからない…。

巨大な芋虫と遭遇するたびに、「うぁ!!」と叫んでしまいます。

 

ゴマの実も面白い。4本の鞘が束になっていて、その鞘の中にきれいにゴマが整列しています。下の方のゴマの実がはぜ始めたら茎の元の方を刈って収穫し、下にシートなどを敷いた乾いた場所でしばらく干します。

ほうれん草も発芽しました

秋野菜がどんどん発芽しています。今日の写真は「ほうれん草」の双葉です。ほうれん草は丸っこい葉っぱですが、双葉は細身です。

 

ほうれん草の種の表皮には発芽を抑制する休眠物質が含まれていて、様々な条件によって休眠状態になりやすく、発芽しない場合があるそうです。

 

発芽も難しいですが、ちゃんと育てるのも難しく、なかなか満足のいくほうれん草ができません。今年こそ美味しいほうれん草ができるといいなぁ~

ダイコンが発芽しました

1週間前の9月4日、台風襲来で臨時休業をした日。午前中はまだ風がひどくなかったので、雨の中で秋野菜の種まきを強行しました。

 

毎年、秋野菜の種まき時期はぶどうの出荷と重なって思うように蒔くことができませんでした。播種後に大雨が降ると発芽しにくいと聞いたことがあったのですが、ダメもとで種まき…でも!発芽してくれました!!

 

よかったよかった!!元気に育ってね!

お昼寝トマト

自宅の庭の野菜畑で、こけしみたいなミニトマトがとれました。コースターの布団で、箸置きを枕に、お昼寝してもらいました。

 

枕にしている箸置きは、木の作家さんの「會田竜也さん」が作られました。数年前まで佐用の三日月におられて、現在神戸に工房を構えています。どの作品もふわっとした温かみに溢れています。

ダイズの花とシジミチョウ

ダイズの花が咲きました。やさしい紫のちいさな花束です。シジミチョウが一心不乱に蜜を吸っていました。かなり近寄って撮影しても逃げる様子がありません。

 

大豆の花の時期に雨がたくさん降ると豊作になるそうです。産地では畑の水分量を測って、足りない場合は、この時期に水を畝の間にかん水させるそうです。

 

うちの大豆畑はおてんとうさま任せなのですが、ここ数日雨が望めそうなので、ちょっと嬉しい…

 

 

夏はアヒージョ!

ご近所さんから「アヒージョ…美味しいわよ!」と教えて頂きました。オリーブオイルたっぷりにニンニクと唐辛子で香りづけしたもので、いろいろなものを煮て、バジルのみじん切りを散らし、軽く味付けしたら、何でもアヒージョになるんだとか…

 

今日は、豚肉と、頂き物のニンニクと黄色いミニトマト、庭に生えている唐辛子とバジルに、クレージーソルトで味付けして、アヒージョにしてみました。アヒージョと呼ぶには少しオリーブオイルと唐辛子をケチっていますがそれなりに美味しく出来上がりました。黄色いミニトマトとバジルの緑と唐辛子の赤が食欲をそそります。

 

オリーブオイルとニンニクと唐辛子とバジル…夏の最強カルテットです。

落花生の植付

落花生の種まきは通常春。植付も5月頃です。春先忙しくてできなかったので、ダメもとで10日ほど前に蒔いたらにょきにょき元気に出てきました。

 

同じマメ科でも、落花生と大豆では発芽の姿が違います。落花生は、桃太郎が桃から生まれたみたいに、パコっと割れた豆からにょきにょきと芽が伸びてきます。一方大豆は茎が重たい豆を頭に乗せて伸び、ある程度の高さに持ち上がったところで豆のカラを脱ぐように双葉が開きます。

 

暑い季節に植えつけました。がんばって育ってくれると良いですが…。

麦の脱穀

開店準備も忙しいのですが、合間をぬって今日は麦の脱穀の仕上げをしました。

 

先日足踏み式の脱穀機で脱穀した麦。全部の粒が完全に穂や殻から外れていないので、唐箕をかける前にふるいでしごいて外します。外す作業の後、さらに何回かふるいにかけ、場合によってはふるいの網目を変えてふるうと、だんだん殻などが漉されてきれいになっていきます。

 

その後、少しずつ「てみ」に取ってあおり、軽い部分をさらにより分けます。「てみ」にとる分量やあおる角度、あおる高さなどは自分の持てる重さなど考えながら調整します。

 

そこまできれいにした後に「唐箕」にかけると作業が楽です。「唐箕」のかけ方もなかなか難しく、入れる分量や口を開ける巾など、まだまだ試行錯誤中です。

 

どの作業でも大事なのは、必ず下にシートを敷いておくこと。何かの拍子に下にこぼれた時、地べただと石や土が混じって大変な思いをすることになります。写真では粒の出口にビニール袋を取り付けてありますが、このビニール袋も裂ける場合があるので、必ずシートの上で作業をします。

 

それから、ほこりすごいのでマスクも必携。ノゲがチクチクするので、農作業用の手袋の上に炊事手袋をして作業をしました。

 

ここまでやっておいて、保存はビニールに入れて、さらに衣装ケースに入れます。ビニールだけだと必ずネズミが来ます。衣装ケースも万全とは言えません。一番良いのは缶だそうですが、ちょうどよいのが無いのでとりあえず…。米櫃用の防虫剤や除湿剤も必要かも?時々見て、虫などがいたら取り除きます。麦につく小さな「蛾」が必ずいます。

 

 

ミョウガ収穫

暑いです!猛暑です!こんな時にはミョウガです!

 

庭にほんの1平米もないくらいの場所に生えているミョウガ。自宅で食べるにはこれで十分です。ミョウガはどんどん広がるので、草刈機で不要な部分をざっくり刈り取って広さを制限…手を伸ばして収穫できる程度の広さにしています。

 

ミョウガはいっぺんに食べられない割に、保存がききません。冷蔵でもすぐに傷んでしまいます。甘酢漬けでもあまり日持ちはしません。調べたら冷凍できるとあったので、冷凍して少しづつ使ってみることにしました。

 

今回は、数個をぬか漬けにしました。半日ほど漬けたものは少しピリっとした感じが残って、これはこれで美味しかったですが、半分に切って冷蔵庫で一日置いたものは少しまろやかになりました。味噌付けて頂いても良し、薬味で使ってもよし…楽しみです。

小麦の脱穀

6月2日に収穫した小麦。ずっと干しっぱなしにしていたのですが、ようやく時間ができたので脱穀しました。

 

脱穀機の設置…

下にシートを敷いて、前方に飛散防止にシートを立てて固定。麦が出てくるところに箕。脱穀機にもシートをかぶせてクリップで固定しました。回転部分にビニールが巻き込まれないように右側のシートは上げてあります。

 

脱穀機もやり方によって要領に違いがあるように思います。調べたら、「穂の先の方から」というのがありました。

 

手に持つ分量も少なすぎるとはかどらないし、多すぎると粒が残ってしまいます。適度な分量は自分の手の大きさによるのでしょうか。

 

それから、脱穀機を回す速度も関係するように思います。ある程度の速さまで上げると回る音が安定するので、そのくらいまで速度を上げて穂を入れるときれいに脱穀できるように思います。

 

脱穀機はかなりの速度で回るので、脱穀機の刃の部分に少しでも指などがあたるだけで大けがをします。巻き込まれる危険があるので、首にひもやタオルをかけたままの作業や、袖などのゆったりした服も危険です。

 

穂もよく乾燥させないとよくこなせません…来年も試行錯誤が続きそうです。

スギナを弱らせる方法

自宅の庭には厄介な草があります。一つはスギナ。一つは笹です。どちらも根っこが深くて強く、広がるので根絶やしにするのは大変です。

 

スギナの対処法を調べていたら、スギナが20cm~30cmほどに育ったところで除草剤を撒くというのがありました。春先に根っこにため込んだ栄養を使って芽を出し成長するスギナ。草丈が20cm~30cmほどになると、今度は葉っぱから根っこに栄養を供給するのだそうで、その時期に地上部に除草剤を撒くと根っこにまで効きやすいということなのでしょうか。一度で完全に根絶やしにするのは難しそうですが…

 

根っこは見えません。また、栄養分がどの時期にどの方向に移動しているかも実際に目で見る事はできません。でも、それを理解することで、いろんなことが見えてくるように思います。

柿とミョウガ・コンパニオンプランツ

庭の柿(右)とミョウガ(左)です。この二つはもともと庭に植えられていました。柿とミョウガ…一緒に植えるとお互いの成長を促しあう「コンパニオンプランツ」として、昔から伝わっている育て方なんだそうです。

 

春先、このミョウガの前に、同じ場所に「シャガ」という花が咲き誇ります。シャガが枯れた後、ミョウガがにょきにょき出てきます。春先にシャガがはびこるおかげで、他の春先の雑草が抑制され、ミョウガへとすんなり受け継がれています。

 

シャガはブロックやコンクリートの隙間からも顔を出すほどの繁殖力旺盛な花ですが、春先のこのリレーは見事です。植えられた方の智恵に、つくづく感心させられます。

 

ちなみに柿は、大きくなりすぎて家の屋根を覆ってしまうほどになっていたので、切り戻して樹形を整えています。かなり大胆に切り戻したのに、元気にすくすく育ってくれています。

夏野菜がとれ始めました

庭のほったらかし畑でも、ようやく夏野菜が本格的に収穫できる季節になってきました。

 

トマト(桃太郎)・ミニトマト(アイコ・イエローアイコ)オクラ・キュウリ・ナス・バジル・ピーマン…

 

それぞれ2株ほどずつですが、うちにはこれでちょうどいい量です。トマトはまだ少し青いのですが、台風接近の予報が出ていたので、早めに収穫して台所でほったらかして追熟します。

 

少し前にはズッキーニが育っていましたが、ここのところの暑さでほとんどしおれてしまいました。2本あったズッキーニの苗のうち1本に脇芽が出ていたのでそれを残して大きな葉っぱを取り除いたら辛うじて生き延びている模様…その様子はまた後日…

 

大豆の発芽が揃いました

ブログではご報告しそびれていましたが、6月7日に大豆の種まきをしました。今日は播種後18日になります。

 

ぶどうの作業に追われてなかなか見に行ってあげられなかったのに、着実にすくすく成長してくれていました。大豆もすくすくがんばっていますが、周りで雑草もすくすくがんばってます。もう少ししたら、倒伏防止や中耕も兼ねて土寄せする必要がありそうです。

 

大豆としての収穫は11月ですが、途中の若い莢はエダマメとして美味しく食べられます。去年はぶどうの販売が終了した後に、美味しい枝豆をたくさん収穫できました。

 

今年もできるかな?楽しみです。