アラレが降りました

今日はいきなり季節が1カ月戻ったような肌寒い一日。昼前にはアラレが降りました。

午後は晴れるという天気予報でしたが、今日は天気予報士泣かせの不安定な天気になりました。空のご機嫌を伺いながら、自宅駐車場の拡張作業です。

2018年1月31日・皆既月食の星座

昨日は皆既月食でした。兵庫の西端の佐用町は雲が出ているかも…と言われていましたが幸運にも晴れました。

写真は昨日の10時40分頃。車の屋根に載せて、13年前に買ったデジカメで60秒開放で撮影しています。

 

赤銅色の月の周りに点々といくつか星が写っています。真ん中の写真の〇印が星と思われる個所です。右上にひときわ明るく見えるのは、こいぬ座のプロキオンと思われます。左下の明るい星はしし座のレグルスのようです。

 

左下、しし座の肩から頭にかけての星と、右下うみへび座の口のあたりが確認できます。うみへび座の上の方にかに座が写っていると思われますが、線でつなぐ形状が確認できませんでした。

 

こいぬ座の「プロキオン」とおおいぬ座の「シリウス」、オリオン座の「ペテルギウス」は冬の大三角と言われています。

霜の結晶展覧会

ここのところ毎朝寒いです。庭に出たら野菜畑の霜よけのビニールに美しい霜がたくさんはりついていました。

 

今日は霜の写真の展覧会です。

上二つは同じ霜。光の具合で表情が少し違います。その右下はなんだか美しい海中みたいに見えます。さらにその右下は舞妓さんの揺れるかんざしのよう。一番下の左はクリスマスツリー。右はジョロウグモみたい。

 

軽トラ上星空観察会

今朝は三日月駅周辺は深い霧に包まれていましたが、ぶどう畑にあがると霧が晴れて星空が見えていました。

月はほぼ真上にありました。

 

軽トラの運転席の上にカメラを載せて、60秒開放で星空を撮影。月が太陽のように輝いて見えますが、点々と見える星がたくさん写っています。

 

右上のぼやっと見える星は何でしょうか・・・。

こんな時に星の知識があったらなぁと思います。

 

月が金星に接近・明け方の星空

早朝、5時過ぎ。東の空で月と金星が仲良く昇ってきていました。

今朝は月と金星が接近する日だったんだそうです。

2日後には新月を迎える細い細い月が金星と追いかけっこしているようです。

約30分後には日の出を迎え、月と金星は見えなくなっていきました。

月の暗い部分。うっすらと月の輪郭が浮き出て見えます。

地球の照り返し「地球照」というのだそうです。

 

明日19日の早朝は、同じ位置に三日月を挟んで火星と水星が見えるのだそうです。こういった天体ショーは、案外「見るぞ!」と構えていると雲に阻まれて見えなかったり、今日のように気にしていない時に、ふいにシャッターチャンスが巡ってきたりします。

さて、明日は巡り合えるのでしょうか?

 

ちなみに、今日のアップの写真、少しデータが大きいので下に隠してあります。

よろしければ「続きを読む」をクリックしてみてください。

 

続きを読む

猫バス現る?

先週の水曜日・9月4日早朝にぶどう畑の北東の空に、「トトロ」に出てくる猫バスの足のような雲が現れました。

朝日を浴びて、霧散していきました。

闇夜に紛れて夜空を泳ぐこんな生き物が本当に居たら、すごいですね。

いやいや、ほんとうに猫バスだったのかも。

 

 

朝霧のぶどう畑

今朝は未明に雨が降りだして心配していましたが、収穫の時間には上がってほっとしました。

写真は昨日の早朝のぶどう畑。

昨日の朝は霧が深く、昇り始めた太陽の光が乱反射して幻想的な風景を見せてくれました。

 

霧で有名な佐用町ですが、朝霧の深い日はお天気に恵まれると言われています。

 

 

赤とんぼと入道雲とぶどう畑

ぶどう畑にますます赤とんぼが増えてきました。

東の空には入道雲が・・・神戸の方でしょうか。

 

ぶどう畑は周囲と比べて標高が高く空が広いので、いろんな所の入道雲がよく見えます。

 

ひこうき雲

今日は晴天!日本晴れ!

ぶどう畑の上を、気持ちよさそうにひこうき雲を描きながら飛行機が飛んでいきました。

 

顔を上に向けたままの作業が続くので、いかに太陽の光を目に入れないようにするか考えながら作業をします。

 

昨年までは、いつも使っている近眼用の眼鏡(UVカット付き)をかけたままでも十分手元が見えていたのですが、今年は眼鏡をかけると手元が見えない・・・UVカットのサングラスを買おうかと真剣に考えています。