自宅販売状況を、トップページにて随時更新しています。

なお、情報は時差がある場合があります。

ご了承ください。

 

寒い日の注意事項

今日は晴れていたものの、北風の強い厳しい天気でした。そんな時に気を付けなければいけないのは意外と帰宅してからなんです。

 

就農直後の冬、ぶどう畑で寒い思いをして帰宅。そして寒い体を温めようと風呂へ直行…これが意外とあぶない。湯船に浸かった後に、立ち上がろうとして貧血を起こしかけ、危うく風呂場で倒れるところでした。それ以来、畑で寒い思いをした日は、必ず、部屋でしばらくゆっくりして、身体を温めてから風呂に入るようにしています。また、寒い日は湯船からゆっくり立ち上がるように気を付けるようになりました。

 

夏は熱中症などに気を付けるようにとニュースなどで言われていますが、冬もこういった形での危険があるんですね。元気で毎日働くための、ちょっとした心がけです。

古いぶどうの樹の伐採

ぶどう畑の冬の仕事のひとつが、古い樹の伐採です。ぶどうの苗木は植えてから成木になるまで約5年かかります。でも、植えてから15年ほど経つ頃からだんだん弱ってきて収量や品質も徐々に衰えてきます。品質を保つためにも、新しい苗に植え替えます。

 

また、気候などの関係で苗木の品質が良くない場合もあり、数年育ててみた後に状態が悪い場合は、その場合も早めに植え替えます。

 

時代によって、市場で好まれる品種も少しずつ変わってきますが、なんせ成木になるまで5年…なかなか大変です。

 

今日の写真は植え替えの為に伐採された古いぶどうの樹です。サイズ感が分かりにくいですが、一本の長さは大体大人の身長くらいです。巨大なムカデが並んでいるように見えなくもないですが…。面白い形をしているので、メルカリかなんかで売ったら売れるかなぁ~…でも、梱包が大変そう…

火球のようなひこうき雲

昨日の夕方、自宅の庭から、短い火球のような光が夕日に照らされて見えました。短いひこうき雲をたなびかせて飛ぶ2機の飛行機です。

 

上空にもう少し湿度があったら、長いひこうき雲になります。もう少し乾燥していたら、ひこうき雲は見えません。いい感じの微妙な湿度の時に、火球のように見えるひこうき雲になります。

 

夕日に照らされて光る短いひこうき雲は、昨日の龍雲と同じように、何かの生き物のようです。写真をアップにしたら飛行機の反射で目が二つ付いているような感じに見えます。それがまた龍の様で、縁起よさげな感じになりました。2つ連なって大きな力強い尾をたなびかせながら、気持ちよさそうに飛んでいきました。

 


ブログ アーカイブ

<2018年>


<カテゴリ>

(モバイルでご覧いただいている方へ)

その他のアーカイブやカテゴリは、TOPページ左上の三本線をクリック→表示される「ブログ」の右の「+」をクリックすると表示されます。