自宅販売状況を、トップページにて随時更新しています。

なお、情報は時差がある場合があります。

ご了承ください。

 

コシアカツバメの巣

佐用のJAの建物の高い軒下に、トックリ型の不思議な固まりがいくつも張り付いています。「コシアカツバメ」の巣です。

この天井はもう一面あります。さながらコシアカツバメマンションです。

 

これだけ高い所にあると、天敵のヘビに襲撃される心配のないパラダイスなんでしょうね。

栗の雌花 part2

6月10日の記事でご紹介した栗の雌花(上の写真)。約2週間経った姿が下の写真です。栗と言われれば、そぉ~だねぇ~とわかるくらい、まだまだ栗っぽくはありません。

 

栗のイガは「苞」と言って、花や実に着く特別な葉っぱだそうで、ドングリのお椀と同じです。茶色いイガイガは葉っぱのイメージはありませんが、写真のような若い実を見ると、葉っぱの仲間というのもうなづけます。

 

頭のてっぺんの髪の毛がつんつん立っている「わんぱくぼうや」みたいで、なかなか愛らしい姿です。

 

(ちなみに、昨日の記事のキヌガサタケを見てみたら、ぼろぼろになってしまっていました。昨日降った雨に溶けたのか、周りの草が刈られてしまって、気に入らなかったのか…高級食材というだけあって、なかなか気難しいようです。)

 

キヌガサタケ

ぶどう畑で草刈りをしたら、ひょっこりきのこが出てきました。キヌガサタケです。中国では高級食材だそうです。

 

調べてみたら黒い部分がう○こ臭いんだそうで、ハエに胞子を運んでもらうのだそうです。写真を撮った時には気が付きませんでしたが、明日行って確認してみようと思います。

 

下のひらひらの部分は短いのは成長途中なのか、ナメクジか何かに食べられたのか…これもまた、明日、要確認です。

 

下の写真は上から見たところ。てっぺんに穴が開いています。雨…たまらないのかな?

 


ブログ アーカイブ

<2019年>


<2018年>


<カテゴリ>

(モバイルでご覧いただいている方へ)

その他のアーカイブやカテゴリは、TOPページ左上の三本線をクリック→表示される「ブログ」の右の「+」をクリックすると表示されます。